大阪のWeb制作、Webマーケティング会社|オーパスプラン有限会社

DSP

DSP広告

オーパスプランのリスティング広告運用は、

様々なターゲティングを可能とするため
各種DSP広告の活用もご提案します。

DSP広告とは

DSPはDemand-Side Platformの略で、広告主の広告効果最適化を目指すプラットフォームです。広告枠の買い付けや配信、クリエイティブ分析までを自動で行い、最適化を行います。DSPは、SSPと呼ばれる媒体側のプラットフォームと連携して初めて機能します。どちらか片方だけでは、広告を配信することはできません。

DSP最大の魅力はターゲティング

DSPの特徴

ユーザーの性別や年代、趣味嗜好、行動履歴などをもとに最適化される仕組みのため、より成果につながりやすい。

それぞれの媒体が持つデータベースを基にターゲットユーザーにピンポイントでフォーカスしてアプローチできる。

過去に商品・サービスを購入したユーザーや資料を請求したユーザーと類似した行動をとるユーザーへ広告配信ができる。

それぞれの媒体が持つユーザーの行動履歴などの膨大なデータをもとに、自動的に一瞬で広告の最適化される。

DSPの運用設定

広告運用代行サービス ご利用料金
(DSP広告)

運用手数料

出稿予算の20%

オーパスプランでは、GoogleやYahoo!のリスティング広告やディスプレイ広告だけでなく、各種SNS広告やDSP広告など幅広いWEB広告の運用代行を行っております。

お客様へのヒアリングを基に、多種多様なWEB広告媒体の中からお客さまの課題や商品・サービスの性質に合わせて、ベストなご提案を差し上げます。

Webマーケティングやホームページ制作で悩んだら、まずはご相談を!

メールでのお問い合わせはこちら

info@opus-plan.com