大阪のWeb制作、Webマーケティング会社|オーパスプラン有限会社

SNS advert

SNS広告

オーパスプランのSNS広告運用は、

PDCAサイクルに基づき費用対効果を高め、
ターゲットに的確な訴求を行うことができます。

SNS広告とは

SNS広告とは、FacebookやInstagram、Twitter、LINEなどのSNSの配信面を利用した広告のことをいいます。

SNS広告の特徴

SNSは、多くの人々がコミュニケーションを取ったり、日常を発信したりとSN私たちのライフスタイルに溶け込んでいるコミュニケーションツールなので、ユーザーとの接触回数が多く、認知施策として有効な広告です。

SNSを利用しているユーザーは自分のプロフィール(地域や性別、職業や趣味など)を登録しているため、それらの情報をもとに詳細なターゲティングをすることができます。そのため、適格にターゲットとなる情報集段階の潜在顧客層への認知拡大を図ることができます。

Facebook広告

Facebook広告は、他のSNS広告に比べてターゲティング精度の高さが優れています。実名登録が必要なFacebookでは、氏名のみならず年齢や住所などの個人情報から、職業や興味関心のあるコンテンツまで細かな情報が登録されています。

それらの情報をもとに、ターゲットとなるユーザーに的確な広告を配信することができます。

Instagram広告

他のSNSに比べて圧倒的に女性比率が高いInstagramでは、女性向けの商材やサービスの広告に適しています。
利用者で最も多いのは10代~20代の女性です。そのため若年層が関心のあるアパレルや美容、旅行関連のマーケティング活動で効果を発揮します。

Instagram内のストーリーズという機能への出稿も可能です。この機能はストーリーズの投稿の間に差し込まれるため広告として認識されにくく、自然な流れでユーザーに向けて宣伝されます。そのためユーザーに対してあまりストレスのない形で配信することができます。

また、ダイナミックなクリエイティブによりユーザーの行動換気を促せる点が強みとなります。

Twitter広告

他のSNSと比較すると10代20代の学生の利用者が多く、若年層へのアプローチに効果的です。
Twitter広告はTwitterユーザーがツイート広告に対して最初に行ったクリックやリツイート、フォローなどの行動(エンゲージメント)に対して課金が発生します。そのため、ツイート広告の表示自体には料金が発生しません。

また、リツイートなどで拡散された広告に対するエンゲージメントや、一人のTwitterユーザーが同一の広告に対して行った2回目以降のエンゲージメントに対しては課金が発生しないため、2次拡散による高い費用対効果を期待することもできます。

LINE広告(LINE Ads Platform)

2016年6月に登場した4つのSNS広告の中でも最も新しいSNS広告です。
LINEは他のSNSに比べ国内ユーザー数が最も多く、老若男女問わず幅広い年代に使用されています。また日常的に家族・友人間でのコミュニケーションツールアプリであるためアクティブ率が高く広告も閲覧する機会が多いと言えます。

YouTube広告

YouTube動画広告はその名のとおり動画を媒体とした広告です。

動画は文字や画像といった媒体と比較して利用者の興味を惹きやすく、YouTubeのユーザーは当然動画を視聴するためにYouTubeを利用するので広告を視聴してもらえる機会自体が多くなります。

またYouTubeはGoogleと深く連携したサービスのため、Googleが提供しているサービスを通じて様々なプレイスに広く広告を掲載することができ、YouTubeのみならず多くのインターネット利用者の目に付く機会があるのが特徴です。

広告運用代行サービス ご利用料金
(SNS広告)

運用手数料

¥20,000

運用手数料

出稿予算の20%

オーパスプランでは、GoogleやYahoo!のリスティング広告やディスプレイ広告だけでなく、各種SNS広告やDSP広告など幅広いWEB広告の運用代行を行っております。

お客様へのヒアリングを基に、多種多様なWEB広告媒体の中からお客さまの課題や商品・サービスの性質に合わせて、ベストなご提案を差し上げます。

Webマーケティングやホームページ制作で悩んだら、まずはご相談を!

メールでのお問い合わせはこちら

info@opus-plan.com