Listing advert

リスティング広告

リスティング広告とは

リスティング広告とは、SEMの一種でYahoo!やGoogleなどの検索エンジンにおいて検索キーワードに応じて検索結果上に表示される検索広告(検索連動型広告)とユーザー特性に合わせてバナーを表示させるディスプレイ広告のことを指します。ユーザーがクリックするごとに課金される(PPC:Pay Per Click)ことが特徴です。主にGoogle広告やYahoo!プロモーション広告のことを指します。

ISSUES

リスティング広告運用代行サービスはこんな方におすすめ

困っている女性

オーパスプランにご依頼頂ければ、手間のかかる作業から広告運用までをすべて任せられます。

御社の商品(サービス)、商品(サービス)の強み、ターゲットユーザーを明確にし最適なアカウント構造の設計を行います。

市場調査を行い、そのデータをもとに大量のキーワードを作成。また追加キーワードの作成も承ります。

クリック率を高めるため、広告テストを実施いたします。クリック率が高まることで、クリック単価の低減を狙います。

毎月1度運営結果をレポート化し、ご報告いたします。広告効果の目標をお客様と共有し、目標達成に向けた運営を行います。

FEATURE

リスティング広告の特徴

SEO対策とリスティング広告の違い

一番大きな違いは、表示するためのコントロールができるかどうかです。
リスティング広告は、キーワードの入札価格や広告としての品質によって順位付けられて表示されるため、お金を出しさえすれば検索結果の上部に表示させることが出来るのです。設定にそれほど時間も取られないため、比較的すぐに成果が見込めるでしょう。

その他、リスティング広告でコントロールできること

リスティング広告のメリット

Google広告やYahoo!広告の審査を通過すればすぐに始めることができ、比較的早く成果に結びつけることが可能です。そのため、リスティング広告では、配信開始後リアルタイムで効果測定ができ修正・改善ができ、出稿停止の手続も簡単に行うことができるため、状況に合わせて柔軟に対応することができます。

検索連動型広告は、ユーザー自ら検索したキーワードに連動して広告を表示させるため、ニーズが明確なユーザーを獲得することができます。

例)セミナー主催者が、セミナーの予約を募るためにリスティング広告の出稿する場合、「セミナー」だけで検索する場合と、「セミナー 予約 大阪」で検索する場合では、予約までの「角度」が違うということです。

前者は、セミナーという名称の由来を検索しているかもしれませんし、予約を取りたい人だけが検索しているわけではないですが、後者は「大阪でセミナーを予約したい人」が検索しているので、効率良く顕在化しているニーズを獲得することができるのです。

キーワードをもとにターゲットを絞ることで、自社のサービスに対して興味・関心の高いユーザーに絞り込んで広告を出稿することが可能です。

掲載した広告がクリックされない限り広告費がかからないため、予算や目標に合わせてユーザーをサイトに誘導することが可能です。また、クリック単価が明確で費用対効果が見えやすいため、アクセス解析などの効果検証もしやすいです。

リスティング広告のデメリット

リスティング広告は入札によって出稿したいキーワードでの表示を獲得しないといけない入札制のため、コンバージョン率の高い人気のキーワードや検索ボリュームの大きなビッグワードは非常に高単価になる場合があります。

少額からでも回せるのがメリットと言えますが、やはり予算が大きい方が運用に幅を持たせられます。また、特定の商材ではクリック単価が非常に高騰しており、それ相応の資金がなければ表示すらされないという可能性もあります。

例えば、「不動産」「賃貸」など、ニーズが明確で人気の高いものは1クリックあたり数千円の課金が発生するキーワードも存在します。

狙いたいキーワードが、資金力のある大手企業と被っている、また既に参入している場合は効果を出すことが難しい場合があります。

これはデメリットではありませんが、当然ながら、リスティング広告を運用し続ける限りその運用にはコストがかかります。代理店に運用を依頼する場合は運用フィーや折衝コストが、自社で運用する場合にも運用担当者のコストが発生します。

リスティングは運用型広告であるため、一度開始するとPDCAを回し修正・改善しながら運用するためのリソースが必要となります。リアルタイムの効果測定が可能で成果を確認することができる点、 またそのデータを元に広告を修正・改善できるのはメリットでもありますが、その分手間がかかりリソースが必要という面もあります。管理画面の操作方法や入札基準など、理解しておかなければいけない知識やノウハウも多いため、勉強もある程度行わなければいけません。

しかし、代理店に運用をまかせることで手間の部分を省くことは可能です。

POLICY

オーパスプランの広告運用

オーパスプランのリスティング広告運用は、

PDCAサイクルに基づき費用対効果を高め、
ターゲットに的確な訴求を行うことができます。

少ない広告費でも、しっかりPDCAを回して運用

今まで多くの中小企業や個人事業主のサポートしたきたため、限られた予算で運用するノウハウがあります。

社内のWebマーケティングユニットで連携を取りながらの運用

広告運用担当、営業担当のみならず、SEOコンサルタントやWeb制作ディレクターで構成されたユニットを組み、各分野の知見をもって分析・改善提案を行っています。

詳細なレポーティングでPDCAを効率化・明確化

広告の運用実績は媒体ごとに詳細にレポートを作成いたします。マーケティング戦略のPDCAを効率化・明確化することで、広告実績を分析しながら運用を適宜改善し、お客様の業績アップを加速させます。

FLOW

広告運用代行の流れ

1.貴社のビジネスについてヒアリング

ご契約後、所定のヒアリングシートを貴社に記入していただきます。ヒアリングシートとは貴社のビジネスを深く理解するための情報シートで、そのシートを元に広告運用の戦略を練ります。

2.キーワード調査・競合調査

貴社ビジネスに関するキーワードをツールを使って調査・分析し、設定します。また、競合調査を行って、他社がどのような広告を打っているかを分析し、広告設定に反映します。

3.広告、キーワードの入稿・ターゲット設定

GoogleやYahooの広告管理ツールで広告の入稿作業を行います。検索結果で表示させる広告の入稿、広告を表示させるキーワードの設定、広告を配信したい地域など、広告配信するために必要なターゲット設定を行います。

4.広告運用開始

広告運用が開始されたら、広告からの問い合わせ状況を、広告アカウントでの計測数値だけでなく、実際の反響をお客様からも共有していただき、その情報をもとに、より成果が出るように広告の最適化(広告文、表示時間帯、予算配分など)を行っていきます。

5.広告レポートの作成

その月の広告運用完了後、翌月初旬に広告レポートを作成してお送りします。広告運用の分析によって何が分かったか?翌月以降はどのように広告運用をしていくかを貴社にお伝えし、毎月毎月、改善していきます。

PLAN

広告運用代行サービス ご利用料金

リスティング広告運用代行

  • 総予算10万円/月未満の場合 運用手数料22,000円/月
  • 総予算10万円/月以上の場合 運用手数料20%

料金例)

  • 総予算8万円の場合 出稿費用6万円+運用手数料2万円
  • 総予算50万円の場合 出稿費用40万円+運用手数料10万円

オーパスプランでは、GoogleやYahoo!のリスティング広告やディスプレイ広告だけでなく、各種SNS広告やDSP広告など幅広いWEB広告の運用代行を行っております。

お客様へのヒアリングを基に、多種多様なWEB広告媒体の中からお客さまの課題や商品・サービスの性質に合わせて、ベストなご提案を差し上げます。

Webマーケティングやホームページ制作で悩んだら、まずはご相談を!

メールでのお問い合わせはこちら

info@opus-plan.com