Webマーケティング

あの「NAVERまとめ」が2020年9月30日でサービス終了

あの「NAVER」が2020年9月30日でサービス終了

「NAVERまとめ」(LINEが運営するキュレーションメディア)が9月30日11時過ぎにサービスを終了しました。

NAVERまとめとは

NAVERまとめ(ネイバーまとめ)は、韓国のIT企業ネイバーの子会社、LINE株式会社が運営していたCGM型Webキュレーションサービスである。様々な情報をユーザーが独自に収集して組み合わせ、ひとつのページにまとめてインターネット上に公開、アクセス数に応じてユーザーが広告収入を得られる独自のシステムを展開している。著作権法の引用の要件を満たさない違法な無断転載が問題になっている。2020年9月30日にサービスが終了、サイトが閉鎖され、約11年の歴史に幕を閉じた

引用:Wikipedia(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/NAVERまとめ)

当サイトではサービス終了に伴い「最後のまとめ」として、「数字で振り返るNAVERまとめの歴史」が24時間限定で公開されていました。

また、既存のまとめ記事をダウンロードできる機能の提供も開始しています。ダウンロード機能は11月30日までの期間限定とされており、画像を除いた形で記事データが手元に残せますので、お気に入りの記事や必要な記事がある方は利用しましょう。

NAVERまとめの実績

「11年間の総PV」が1718億PV
「月間最高PV」が31億PV
「総まとめ数」が約180万まとめ
「総アカウント数」が約34万アカウントなど
あらゆるキーワードど上位表示されていたこれまでのネット上での存在感が伝わってくる内容です。

Googleの新たな評価指標に適さなかった

「NAVERまとめ」は、YMYLやE-A-Tなどの評価指標の影響j受けたサイトの代表格といってもよいでしょう。サイトや記事内容の専門性、権威性、信頼性を評価指標として重要視されている現在のアルゴリズムにおいては、だれでも投稿できるさいとより、だれが書いているのかが大切になってきます。

SEO対策をお考えの際は
オーパスプランにご相談ください。

Contact

info@opus-plan.com