SNSマーケティングWeb広告

Instagramは「Instagramショップ」のタブ内にて広告の提供を開始へ

Instagramは「Instagramショップ」のタブ内にて広告の提供を開始へ

2021年8月25日、Facebookは「Instagramショップ」の専用タブ内で広告の提供を開始することを発表しました。

同サービスは、利用者ごとの興味関心にパーソナライズされた商品や投稿が一覧となっている「Instagramショップ」に広告も併せて表示されるようになります。
なお今回のアップデートは、Instagramショップの専用タブが利用可能な日本含むすべての国が対象となっています。

広告をタップすると遷移先の商品詳細ページにおいて価格などの詳細や画像を確認でき、広告主が提供している他商品の情報も閲覧することも可能となり、リストへの追加やシェア機能もあります。

アップデートによる広告掲載場所の追加

従来のInstagramにおける広告の掲載場所は下記です。
・フィード
・発見タブ
・ストーリーズ
・IGTV
・リール
 +
・Instagramショップ専用タブ
今回のアップデートにより、「Instagramショップ」専用タブにも広告が掲載できるようになります。

アップデートの背景と今後

「Instagramショップ」の画面は利用者の興味関心に沿った商品の画像コンテンツで占められており、同コンテンツを閲覧するユーザーはすでにショッピングを楽しむ気分になっているため、自分におすすめされているものの中から気になるものを探すという心理になっています。

そのため「Instagramショップ」内に表示する広告は、従来の広告配置先と比べてユーザーに受け入れられやすくなり、高いコンバージョン率が期待できるものと考えられます。SNS広告ではコンバージョンを獲得することが比較的難しいですが、当サービスによってInstagramは他媒体を一歩リードしたといえるでしょう。

ウェブ広告をお考えの際はオーパスプランにご相談ください。