SEO(検索エンジン最適化)データ分析

Googleサーチコンソールで“できること”

ユーザーが検索するときのキーワード「検索クエリ」

SEO対策に取り組む際は、Googleアナリティクスなどを用いてサイトのアクセス状況を分析し、仮説を立てた上で最適な施策に取り組んでいくことが重要です。Googleアナリティクスと並んで欠かせない分析ツールとしてGoogleサーチコンソールは知られていますが、具体的にどのような情報を得るためのツールなのか、どのように活用することができるか理解できているでしょうか。今回は、Googleサーチコンソールでできることついてまとめました。

Googleサーチコンソールで分析できること

Googleサーチコンソールとは、ユーザーによって検索されたキーワードにおける検索結果の表示順位やクリック率など、検索エンジンでのWebサイトのパフォーマンスを分析するためのツールです。名前のとおりGoogleより提供されており、略して「サチコ」と呼ばれたり、「GSC」と表記されることもあります。また、以前は「Googleウェブマスターツール」という名称でしたが、2015年5月に名称が変更されました。

Googleアナリティクスとの違い

Googleサーチコンソールはサイトへの流入以前を知るツール

Googleサーチコンソールはどのようなクエリで検索したか、検索クエリごとの表示順位やクリック数など、サイトに流入する際のユーザーの行動を可視化したり、サイトのエラーを管理したり、サイトマップを送信するツールと言えます。

Googleアナリティクスはサイトへの流入以後を知るツール

GoogleアナリティクスはWebサイト内での回遊状況やページごとのPV数、セッション数、直帰率など、サイト流入後にユーザーがどのような行動をとったかを可視化するためのツールです。

Googleサーチコンソールで分析できること

  • サイト流入時の検索クエリ
  • 検索クエリごとの表示回数やクリック数、表示順位
  • Googleからの警告(順位を下げる原因)

Googleアナリティクスで分析できること

  • Webサイトのアクセス状況(PV数、セッション数、直帰率など)
  • 流入元やSNSからの流入数
  • ユーザーの属性(地域や利用端末など)
  • サイト内でのユーザーの行動(回遊など)
SEOやコンテンツマーケティング、リスティング広告をお考えの際は
オーパスプランにご相談ください。

Contact

info@opus-plan.com