Web広告

Google広告で拡張テキスト広告が2022年6月30日以降は新規作成・編集が不可能に

Google広告で拡張テキスト広告が2022年6月30日以降は新規作成・編集が不可能に

2021年8月31日、Google が2022年6月30日以降に拡張テキスト広告の新規作成・編集が出来なくなる旨を公式に発表しました。段階的にですが、今後拡張テキスト広告は徐々に廃止され、レスポンシブ検索広告に一本化されていくような流れとなります。

※注意事項
記事内にも記載していますが、2022年6月30日以降に拡張テキスト広告の新規作成が出来なくなるものの、既存の拡張テキスト広告に対する操作(削除や停止、停止していたものの再開など)は審査が通過している場合、引き続き可能です。その点ご安心いただければと思います。

詳しくは、Google公式ページよりご覧ください。
2022 年 6 月 30 日より、レスポンシブ検索広告は、通常の検索キャンペーンで作成または編集できる唯一の検索広告タイプとなります。今回の変更によって、検索広告の作成方法が簡素化され、自動化ツールを使って簡単にパフォーマンスを高めることができるようになります。
「Google 検索で適切なメッセージをより簡単に表示できるようにする」より引用

拡張テキスト広告を廃止したGoogleの狙い

Googleは公式ヘルプ記事において、複数の事例などを交えレスポンシブ検索広告の有用性を上げています。

そのため、レスポンシブ検索広告をを促すために拡張テキスト広告の廃止を実施したと考えられます。
・検索語句に対して、レスポンシブ検索広告の方がより適切なメッセージを伝えることが可能
・レスポンシブ検索広告に部分一致キーワードとスマート自動入札を組み合わせることによるパフォーマンスの向上が可能

拡張テキスト広告が廃止になったからと安直にレスポンシブ検索広告に乗り換えるのではなく、
どういった配信方法がベストなのかを改めて探る機会にするのが良いでしょう。

ウェブ広告をお考えの際はオーパスプランにご相談ください。