CMS・Webサイト制作SEO(検索エンジン最適化)

ドメインパワーとは?上げる方法は?

ドメインパワーとは?上げる方法は?

ドメインパワーとは

ドメインパワーとは、Webサイトの強さを示す指標のことを意味します。

もう少し言うと、サイトのドメインが検索エンジンからどの程度評価を得ているか?を示す語句のことをドメインパワーと呼びます。

ドメインパワーとは、別名「ドメインオーソリティ(Domain Authority)」とも呼ばれ、Webサイトに対して効果的なSEO対策を行って、Googleに評価されることで上げることが可能です。

Googleでは、サイトのページごとのコンテンツを評価をして検索順位を決定していますが、それとは別にドメイン毎にサイトの評価をしていると言われています。

どれだけ良いコンテンツを準備しても、実際に検索結果に表示されるページを見ると、有名企業や大手企業など社会的影響度、信頼性などが高いサイトや、更新頻度が高いような、しっかりと運用管理されているサイトが上位に表示される傾向があることが分かります。

つまり、ドメインパワーが上がれば、総体的にサイトの各ページのキーワード順位が上がり、結果的にサイトのアクセス数が大幅に増加することとなります。

ドメインパワーを計測するツール

ドメインパワーをチェックするツールは無料版、有料版がありますが、まずは無料版を試してみることをおすすめします。

無料版を利用できるツール
パワーランクチェックツール
MOZ

有料でしか利用できないツール
Ahrefs
Majestic

ドメインパワーの目安

各ツールで算出されるドメインパワーの数値は、ツールごとの独自計測になるので注意が必要です。

基本的にはチェックツールで調べたドメインパワーの値を単体では解釈せず、競合他社のドメインパワーを比べ相対的に解釈をします。

そのため、ドメインパワーの値に目安や推奨値のようなものは存在しません。

重要なのは、自社サイトのドメインパワーが競合サイトと比べ上か下かということです。

ドメインパワーを上げる方法

ドメインの調整以外にドメインパワーを上げるポイントは3つ、「内部対策」「コンテンツ対策」「被リンク獲得」です。つまり、SEO対策です。
サイトの内部対策を行うことで正しく評価される状態を作り、ユーザーに有益なコンテンツを発信し続けることで、サイトへのアクセス数、被リンク数を増やし、検索エンジンからの信頼を獲得することが重要です。

当然ながら、ドメインパワーを上げるために被リンクを購入するようなブラックハットなSEOはご法度です。

独自ドメインと共有ドメインのドメインパワーの違い

共有ドメインとは、エックスサーバーやさくらサーバーといったレンタルサーバーやJimdoやWixなどの無料ホームページ作成ツールで割り当てられるドメインのことを指します。

これらの共有サーバーはレンタルサーバー会社などが所有するドメインのサブドメインとなるため、ドメインパワー自体は高いのですが、多くのユーザーが様々な用途で利用しているためドメインとしてのテーマの一貫性が低くSEO的には良い状態ではありません。

一方、独自ドメインはサイト運営者の専用ドメインとなるので、ドメインとしてのテーマの一貫性を保つことができ、特定のテーマで評価を高めて行くことが可能となります。

サブドメインのSEO上のメリット

共有ドメインとは、エックスサーバーやさくらサーバーといったレンタルサーバーやJimdoやWixなどの無料ホームページ作成ツールで割り当てられるドメインのことを指します。

これらの共有サーバーはレンタルサーバー会社などが所有するドメインのサブドメインとなるため、ドメインパワー自体は高いのですが、多くのユーザーが様々な用途で利用しているためドメインとしてのテーマの一貫性が低くSEO的には良い状態ではありません。

一方、独自ドメインはサイト運営者の専用ドメインとなるので、ドメインとしてのテーマの一貫性を保つことができ、特定のテーマで評価を高めて行くことが可能となります。

SEO対策やホームページ制作をお考えの際は
オーパスプランにご相談ください。

Contact

info@opus-plan.com