SEO(検索エンジン最適化)

コアウェブバイタルが2021年5月からGoogle検索のランキング要因に!

コアウェブバイタルが2021年5月からGoogle検索のランキング要因に!

コアウェブバイタルが2021年5月からGoogle検索のランキング要因になると公式に発表されました。

コアウェブバイタルの3つの指標(LCP、FID、CLS)、導入スケジュール、ランキングへの影響、ツールといった様々な情報をお伝えします。

コアウェブバイタルについて説明する前にウェブバイタルいついてはご存じでしょうか?

まずはウェブバイタルについて簡単に説明していきます。

ウェブバイタル(WebVitals)とは

ウェブバイタル(WebVitals)とは、Googleによるウェブで優れたユーザー体験を実現するために重要と思われる品質シグナルの統合ガイドを提供する取り組みのことをいいます。

コアウェブバイタル(CoreWebVitals)とは

コアウェブバイタル(CoreWebVitals)とは、ウェブバイタルの中でも特に重要な指標とされる3つの指標「LCP」「FID」「CLS」のことを指します。

コアウェブバイタルつの指標「LCP」「FID」「CLS」

参照)https://developers-jp.googleblog.com/2020/05/web-vitals.html

Googleは、ユーザー体験において核となるニーズは「読み込み時間」「インタラクティブ性」「ページコンテンツの視覚的な安定性」であるとしており、3つの指標には以下のように該当します。

  • LCP(LargestContentfulPaint):読み込み時間
  • FID(FirstInputDelay):インタラクティブ性
  • CLS(CumulativeLayoutShift):ページコンテンツの視覚的な安定性

LCP(LargestContentfulPaint):読み込み時間

ユーザーがページで最も有意義なコンテンツをどのくらい早く見ることができるかを表します。感覚的な読み込みスピードを測定し、ページ読み込みタイムラインにおいてページの主要コンテンツが読み込まれたと思われるタイミングを指します。

LCPは、ページの中で最も大きなコンテンツ(画像またはテキストブロック)のレンダリング時間を指します。

LCPの目標数値

GOOD:2.5秒未満
NEEDS IMPROVEMENT:4秒以下
POOR:4秒を超える

LCPの改善方法

指定されたコンテンツが表示されるまでの時間が長いことが問題のため、サーバーの応答時間の改善、レンダリングをブロックするJavaScriptとCSSの削除、画像や広告、CSS、JavaScriptなどの読み込み時間の削除、クライアント側のレンダリングの改善ど、表示時間を短くする対策が必要になります。

FID(FirstInputDelay):インタラクティブ性

FIDは、ページの中でユーザーが何かしらのアクションを起こしてから応答するまでの待ち時間を指します。応答性を測定して、ユーザーが最初にページを操作しようとする場合に感じるエクスペリエンスを定量化します。

インタラクティブ性、つまり初回入力遅延の意味で、ユーザーが第一印象として感じるサイトのインタラクティブ性や反応速度を測る指標。

FIDの目標数値

GOOD:100ミリ未満
NEEDS IMPROVEMENT:300ミリ以下
POOR:300ミリを超える

FIDの改善方法

UIが応答しない場合があるJavaScriptの実行期間を分割したり、JavaScriptの量を制限することによりJavaScriptの実行時間を短縮したりすることでFIDの改善が見込まれます。

CLS(CumulativeLayoutShift):ページコンテンツの視覚的な安定性

ページがどのくらい安定しているように感じられるかを表します。視覚的な安定性を測定し、表示されるページコンテンツにおける予期しないレイアウトのずれの量を定量化します。

CLSは、予期しないレイアウトのずれを指します。

CLSの目標数値

GOOD:0.1未満
NEEDS IMPROVEMENT:0.25以下
POOR:0.25を超える

CLSの改善方法

コンテンツの移動が少なくなるようなページ構成にすることが必要です。表示する画像には常にwidth・heightを指定したり、広告や画像の表示される領域を指定したりしておくことで、CLSの改善が行えます。

コアウェブバイタルの影響力

コアウェブバイタル(CoreWebVitals)がランキング要因としてどれくらいの影響力を持つのか、Googleウェブマスター向け公式ブログでは、次の通り伝えられています。

ページエクスペリエンスの構成要素はすべて重要ですが、ランキングでは、ページエクスペリエンスの一部の要素が平均以下であっても、総合的に優れた情報を含むページが優先されます。

優れたページエクスペリエンスが関連性の高い優れたコンテンツに勝ることはありません。
しかし、同様のコンテンツを含むページが複数ある場合は、ページエクスペリエンスが検索ランキングで非常に重要になります。

コアウェブバイタルを計測するツール

Googleが提供しているツールとしては、次の6つがコアウェブバイタルのデータ計測をサポートしています。
  • SearchConsole
  • PageSpeedInsights(ページスピードインサイツ)
  • Chromeユーザーエクスペリエンスレポート
  • Lighthouse
  • Chromeデベロッパーツール
  • Chrome拡張
Web担当者であれば、普段からチェックしているとは思いますが、まず利用すべきはSearchConsoleでしょう。 「ウェブに関する主な指標」レポートがSearchConsoleで利用できるようになっているので、LCP、FID、CLSの3指標に関して確認しましょう。「良好」「改善が必要」「不良」の3段階で判定してくれます。
SEO対策やホームページ制作をお考えの際は
オーパスプランにご相談ください。

Contact

info@opus-plan.com