SEO

大阪でSEO会社を選ぶ前に知っておきたいこと

大阪でSEO会社を選ぶ前に知っておきたいこと

はじめに

「SEO対策を依頼したいけど、騙されるのが怖い!」
「SEOに詳しくないから、判断基準がわからない」

そんな悩みをお抱えの方も多いと思います。

オーパスプランはWebマーケティングを主軸にWeb制作からWeb集客、管理までサポートさせていただいているため、SEO対策のご相談も多いのですが、実際のお問い合わせでも、よく聞く悩みです。

また、ネット上でも「実際には何も対策されていなかった」「なんでこんな会社に頼んだのかわからない」「毎月レポートが送られてくるだけで、対策内容の説明がない」などSEO会社に対するイメージは決して良いものばかりではありません。

というよりか、悪い評判が多いです。

その背景として、昔のSEO対策は高い技術力を必要とせず、参入ハードルが低かったことが挙げられます。

しかし、現在のSEO対策は、Googleが数多のアルゴリズムのアップデートを繰り返してきたことによって、高い技術力、分析力、情報収集力が必要になっています。

そのため、生半可な対策では成果を出すことが難しくなり、SEO対策を提供している企業の数も以前に比べ随分と少なくなりました。

とは言っても、まだまだ怪しいSEO会社が多いのが実情ですので、変な会社に騙されないように、今回はSEO会社の選定のコツ・注意点についてご紹介します。

1.相見積もり

まず、これはよほど信頼できる会社がない限り相見積もりを行うことをオススメします。SEO対策は、大きく3つ(内部対策、外部対策、コンテンツ対策)の対策内容に分けられます。オーパスプランは、内部対策とコンテンツ対策が得意なSEO会社になりますが、会社によって、得意な対策内容が異なってきます。

自社のサイトの状況から、必要な対策内容がわからない方は、SEO会社を数社ピックアップして提案を依頼するようにしましょう。

見積もりを取る前に

依頼するSEO会社の候補を選ぶ時、外部リンクを販売するサービスを提供している会社は避けるようにしましょう。

確かに、目的によっては外部リンクを設置することも有効な施策の1つであることは間違いありません。

しかし、被リンクの量を確保するような施策の場合は、いくら「品質の高いリンクなのでペナルティの心配はありません」と謳っていても危険性があることには変わりません。

そのため、外部リンクを販売するのではなく、外部リンクを集めるためのコンサルティングやアドバイスを行ってくれる会社を選ぶべきです。

外部リンク販売を表立って言っていなくても、実は利用しているという悪質なSEO会社も存在するので注意が必要です。

それを踏まえたうえで、以下から見積もり時に気をつけるべきポイントを解説します。

目標として設定しているポイント

SEOにおいても、KPI、KGIの設定は重要になってきます。

多くのSEO会社が提案してくるKGIは、

・特定のキーワードでの上位表示
・流入数の増加
の2つに分けられます。

特定のキーワードでの上位表示をゴールに設定している場合

外部リンク対策を行っていると考えていいでしょう。
外部リンク対策が主流だった時代は、特定のキーワードをいくつか設定し、そのキーワードに対して被リンクを設置し、上位表示させるという手法が一般的でした。

また、このようなKGIを設定するSEOサービスは成果報酬型であることがほとんどのため、特定キーワード以外を上位表示させる必要がないので、手間の掛かる施策は行なってくれません。

流入数の増加をゴールに設定している場合

コンテンツSEOの場合はこちらの成果指標を設定する企業がほとんどです。
コンテンツSEOはサイト全体で露出を増やしていくのが基本的な手段です。よって、検索数の少ない無数のロングテールワードで上位表示させ、被リンクを増やしていきサイトのパワーを貯めていくことで中長期的にアクセス数を増加させていく、という目標設定です。

 

料金体系

SEOの料金体系は、月額固定型・成果報酬型・払いきり型に分けられます。

成果報酬型

外部リンクサービスを提供しているのはほとんどが成果報酬型です。
成果報酬=成果が発生した時点で料金が発生するという、発注者側にとっては非常に条件の良いタイプに見えますが、成果報酬型で提供可能な理由を少し考えてみると裏側が見えます。


成果報酬=工数がかからない=外部リンク使用の可能性が高い

成果が出ないと報酬が発生しないということは、成果が出ない限りはサービス提供側は一切報酬を受け取ることはできません。SEOは不確定要素が非常に多いため、確実に成果が出るとは限りません。

にも関わらず成果報酬で提供できるのは、施策にほとんど手間がかからない=外部リンクを利用している場合がほとんどです。
外部リンクの場合は、基本的にはリンクを設置するだけで対策が完了するため、ほとんど人的工数が発生しません。


成果の出やすい対策キーワードを含めるのが一般的

成果報酬型の場合、対策キーワードを複数設置し、その中に対策が比較的容易なキーワードを含めておくのが一般的な手法です。
対策しやすいキーワードを入れておくことで、事業者側にとっては収益につながり、発注者に対して「効果が出るサービス」という印象を与えることができます。
(そもそも、成果報酬型の場合、対策難易度が高いキーワードは避ける傾向にあります。)

月額固定型

月額固定は、

・外部SEO(外部リンク施策)
・コンテンツSEO(コンテンツ構築)
の2つのタイプがあり、2つを組み合わせて提供されている場合もあります。
基本的に外部SEOを提供しているプランを避けるようにすれば問題ありません。

払いきり型

払いきり型の場合は、内部対策に寄ったサービスを提供している場合が多く、指示書を提出して完了という形式が多いため払いきり型の料金体系が採用される傾向にあります。
内部対策も、マイナス評価されそうな要因を除外するという点では非常に重要なポイントであり、費用をかける価値はありますが、基本的な部分をおさえれば自社でも行うことができます。

契約期間

SEOの契約期間は会社やサービスにより異なりますが、外部リンク施策が中心の場合は契約期間が短い傾向(3ヶ月~6ヶ月)にあり、コンテンツSEOがメインの場合は契約期間が長い傾向(6ヶ月~12ヶ月)にあります。
外部リンクの場合は比較的早い段階での成果が見えやすいのに比べ、コンテンツSEOは中長期的な取り組みのため、契約期間も長く設定される場合がほとんどです。

Webマーケティング全般を行える会社を選ぶ

SEOだけに限らず、Webマーケティング全般を網羅している会社を選んだ方が、後から楽にマーケティングを行えます。少なくとも以下2点を対応している会社に連絡を取りましょう。

ホームページ制作会社の担当者(業者)が訪問して打合せしてくれるか?

・リスティング・SNS広告に対応している
・Webサイト制作も行なっている

理由としては、SEOでうまくいった場合はリスティングやSNS広告を活用しさらに集客を最大化することで売り上げをどんどん増やすことができるからです。

しかし、SEOしかできない会社となると、リスティング広告は別の会社に依頼しないといけなくなります。

また、SEO対策では、制作に関わる施策内容もあり、SEO対策とWeb制作は切り離せない関係にあります。特に、UI/UXの改善はデザインが大きく関係してきます。

そのため、できるだけまるっと全て行なってくれる会社を選びましょう。

もしホームページを作成したWeb制作会社で保守や管理などを依頼している場合は、SEO会社と連携を取ってもらえるよう三社間での打合せは行なっていた方が良いでしょう。

3.「すぐに成果が出ます」という会社を安易に信じない

SEOは、すぐに成果が出ないところが難しいところです。そのため、リスクを含めて正しい情報を伝えてくれる会社を信じた方が良いです。「すぐに成果が出ます!」とゴリゴリの営業を行なっている会社の場合、実際は試算どおり行かないケースが多いです。

成果をすぐに出したい気持ちはよくわかりますが、そういうときこそ落ち着いて情報を整理して考えましょう。

4.実績

SEO会社の中でも、しっかりと実績やクライアント名を開示できる会社は少ないです。「このキーワードで上位表示経験がある!」という会社はかなり多いですが、クライアント名まで出せる会社は少ないです。

クライアント名まで出しているSEO会社は信頼できる会社といえます。弊社含め、きちんと開示している会社を選ぶようにしましょう。

5.自社のサイトで上位表示させ、マーケティングを成功させていること

最後に、SEOを代行しているだけではなく自社でメディアやサービスを成功している会社を選ぶことで、広告主の気持ちもわかる優しい会社と出会うことができます。

外注の役割だけ行なっている会社は本当の意味のマネタイズの機会に触れているケースが少ないです。そのため、あなたの提案をうまく理解してくれないケースや全ての問題をSEOで解決させようとしてきます。

「御社はSEO以外は何をやられているんですか?自社サービスはありますか?」と聞くとより良いMTGになるでしょう。

SEO対策にかかる費用について

さて、良いSEO会社を見つけた後に依頼するため確認するのが「SEOの費用」です。では、どれくらいの費用を払うのが相場なのか、どうやって適正価格を判断するのか…それは以下を中心に判断すると良いでしょう。

何に対して対価を払うかが明確になっているか。
業界相場より高くないか?それを自分でやるとどれくらい値段差が出るのか確認する。
成功報酬か?固定か?コンサルティング型か?
上記の中でわかりづらいのが相場単価ですが、相見積もりを取った際に「明らかに高い会社」「明らかに安い会社」が存在します。そちらはおそらく業界相場からかけ離れているため、注意が必要です。

もし気になる場合は「なぜそんなに安いのか」「なぜそこまで高いのか」をチェックしましょう。

6.最後に忘れずチェック!依頼の際、注意すること

SEOを依頼する際には以下を注意しておくとさらに良い会社に出会いやすくなります。

注意すること3つ

・自分でもSEOを勉強する。
・相手に任せっきりにしない、学習するつもりで挑む。
・短期的に成果を見ない、ある程度時間がかかることを認識しておく。

コンテンツを外注する際には別の注意点もあります。詳しくは「コンテンツSEOに必須|外部ライターに記事を発注する際の注意点」にも記載されていますのでチェックしてみてください。

7.まとめ

結局は、実績のある会社を選択することで成功確率が上がります。SEOの知見のあるかないかの判断は、会社の実績を見れば素人でもすぐに違いがわかります。

見積もり依頼する前に、実績ページをチェックしてから会社を選定し、連絡するようにしましょう。

SEO対策をお考えの際は
オーパスプランにご相談ください。

Contact

info@opus-plan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です