SEO(検索エンジン最適化)記事作成・ライティング

SEOライティングの始めるための、押さえておくべき7つのポイントと2つの注意点

はじめに

SEOノウハウは、Webライティングをするうえで重要なスキルです。

例えばブログやWebメディアの記事でSEO対策すれば、検索結果の上位に表示されアクセス数増加に繋がります。

しかし、実際にSEOを意識したライティングを実践したいと思っていても「やり方が分からない、すでに意識はしているが検索上位に表示されない」という悩みを抱えている方もいるでしょう。

この記事では、Webライティングにおいて意識すべき点や注意点など、実践に生かせる情報をまとめてみたので、まずは最低限意識するポイントから、ぜひ参考にしてみてください。

SEOライティングとは

SEOライティングとは、SEOを意識した記事のライティングを指します。

今までであれば検索ボリュームの多いキーワードがたくさん入っている記事やテキスト量の多い記事は、検索結果の上位に表示されていました。しかし、ここ数年Googleの検索アルゴリズムは大きく変動しており、現在ではキーワードに加えてユーザーのニーズに沿った記事でなければ、上位表示されることはありません。

SEOライティングでは、Googleに正しく評価してもらうためにもSEO対策を意識した記事作成が重要となります。検索上位に表示されるために意識したいことは、以下の通りです。

  • SEOキーワードの割合
  • オリジナリティのある文章
  • 端的でわかりやすい文章

SEOライティングで意識する7つのポイント

先にも述べた通り、現在においては、ただ獲得したいキーワードをたくさん記事に入れ込むだけでは、検索上位に表示できません。ここからは、SEOライティングで意識するべき6つのポイントを紹介します。

SEOライティングのPOINT1
ペルソナ設定ととユーザーの検索意図を意識する

Googleの検索エンジンは、ユーザーのニーズにより応えているサイトを検索結果の上位に表示します。つまりSEOライティングで最も重要なことは、どのようなユーザー(ペルソナ)が、どのような検索意図を持ってキーワードを入力するかを意識した文章を作成することです。

ユーザーにとって有益なサイトであるかどうかのGoogleのアルゴリズムは、永続的にアップデートされていくと考えられますが、Googleが実現しようとしている根幹となる部分は昔から変わっていません。ユーザーのニーズに応えている有益な情報を持つ文章を目指す必要があります。

SEOライティングのPOINT2
キーワード調査と記事構成の策定

ペルソナが定まったら、ライティングを始める前に競合サイトを確認した上で、キーワード調査を入念に行い記事構成を策定しましょう。

その理由は、記事構成を作らずにライティングをはじめてしまうと、最終的に何を伝えたいのかわからなくなりかねません。まずは骨組みとなる記事の見出しを完成させ方向性を定めてから、文章の肉付けをしていきましょう。h2まで定めおけると、文章の肉付けも容易になります。そして、SEOを意識した構成ができてしまえば、あとはその構成に沿ったライティングを行うだけです。

SEOライティングのPOINT2
キーワード調査と記事構成の策定

ペルソナが定まったら、ライティングを始める前に競合サイトを確認した上で、キーワード調査を入念に行い記事構成を策定しましょう。

その理由は、記事構成を作らずにライティングをはじめてしまうと、最終的に何を伝えたいのかわからなくなりかねません。まずは骨組みとなる記事の見出しを完成させ方向性を定めてから、文章の肉付けをしていきましょう。h2まで定めおけると、文章の肉付けも容易になります。そして、SEOを意識した構成ができてしまえば、あとはその構成に沿ったライティングを行うだけです。

SEOライティングのPOINT3
タイトルにキーワードを入れる

検索上位に表示させたいキーワードを、タイトルの前方に置きましょう。タイトルの文字数は、検索結果に全文表示される25~32文字がおすすめです。

その理由は、ユーザーにとっても自分が知りたい情報なのかを一目で判断しやすいからです。その結果クリック率が高まることによって検索エンジンからの評価も高まると考えられます。

SEOライティングのPOINT4
ディスクリプションにキーワードを入れる

タイトルと合わせて検索結果に表示される文章をディスクリプションと言います。サイトの概要にあたる役割を果たします。多くのユーザーが、タイトルとディスクリプションを読んで、自分にとって有益な情報かを判断し、サイトへの流入を決定します。

さらに、検索エンジン側もこのディスクリプションを読み込み、記事の大まかな内容を分析しているので、ディスクリプションには必ずキーワードを入れ込みましょう。おすすめの文字数は110〜120文字程度です。

SEOライティングのPOINT5
本文にもキーワードを入れる

当然記事本文にも、キーワードを入れることは大切です。特に見出しの直下は重要度が高いと言われています。というのも、クローラーはページを上から読んで行くので、関連するキーワードを見出しの直下、つまり上部に入れることで、検索エンジンがどんな文章なのか認識しやすく、ユーザーの文章に対する理解も深まります。

また、本文ではキーワードの共起語を含めることも上位表示を狙うポイントです。共起語とは、1つのキーワードに対して、連想されよく使われるキーワードのことです。例えば、ホームページ制作であれば、Web制作など。

SEOライティングのPOINT6
独自素材の画像や表を活用する

独自素材の画像や表を利用することでコンテンツのオリジナル性が高まり他の記事と差別化することができます。また文章の内容が一目でイメージできるような画像を掲載することによって、ユーザーの関心を引きやすくなります。

SEOライティングでは、文章だらけの読みづらいコンテンツよりも、適度に文章がまとめられている方が、検索エンジンで上位表示できる可能性が高いです。

SEOライティングのPOINT7
箇条書きを活用する

箇条書きを上手く使いながら、複数の項目でもわかりやすく、ユーザーにとって読みやすい記事を目指すことによって読破率を高めることができます。特に、重要な項目や比較したい項目などで活用することは、ユーザーの関心を引きやすくなります。その結果、PVの増加につながることが期待できます。

SEOライティングを行う際の2つの注意点

SEOライティングでは上記のような意識すべき点以外にも、ガイドライン違反とされていることには注意を払わないといけません。ここからは、SEOライティングを行う際の2つの注意点を紹介します。

SEOライティングの注意点1
誤字脱字がないか確認しよう

誤字脱字は、ユーザーに不快感を与えるだけでなく、検索エンジンからも認識しづらいものとして判断されてしまいます。Googleのクローラーは日々進化しています。昔は文章内のキーワードを拾っていましたが、現在はキーワードの前後の文章までしっかり読み取っていると言われています。ライティングの基本ですが、記事を書き終えたら必ず誤字脱字がないかチェックする習慣をつけましょう。

SEOライティングの注意点2
コピーペ―ストはNG

もちろんライティングを行う際は、より良い記事を書くためにも数多くのサイトを参考にして情報収集をすることになると思います。しかし、他のサイトから無断でコピペすることは、コピーコンテンツと見なされSEOの観点からも評価は低くなりますし、著作権侵害になるという問題もあります。

原則、自分の言葉に置き換えて、オリジナルの文章を作成し、コピーで活用する場合は引用、参照を明記しましょう。

まとめ

ユーザーが求める良質なコンテンツ作りが大事

SEOライティングでは、ユーザーにとっても、検索エンジンにとっても良質なコンテンツとして認識してもらうことが大切です。そのためには、ただキーワードを意識するだけではなく、ユーザーが読みやすくなるような文章作成が必要です。

コンテンツマーケティングをお考えの際は
オーパスプランにご相談ください。

Contact

info@opus-plan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です