記事作成・ライティング

【記事作成者必見!】ライティングマニュアル

【ライティングマニュアル】必ず守るべき3つのポイント

記事作成における大切なポイント

以上を守ってライティングをすることで、ユーザーが求めている良質な記事を書くことができます。

■全体的なポイント
 …1)ユーザーの検索意図からずれない

■分かりやすい構成かつオリジナルな内容
 …2)基本のアウトラインルールに従って記事作成をする

■分かりやすい構成かつオリジナルな内容
 …3)ライティングの手法を意識して記事作成をする

キーワードのニーズを捉える

1)ユーザーの意図からずれない

POINT1 実際に検索してみる

検索結果は検索ニーズの答えです。!
上位記事の記事内容は大いに参考にしましょう!
①記事キーワードで、実際に検索して上位に出てくる記事は、検索意図に答える良質な記事たちです。必ず検索して確信してみましょう。


②上位3記事は丁寧に必読。4~7位の記事も読み、上位3記事との違いを確認しましょう。


➂検索結果画面最下部にある「○○に関連する検索キーワード」は、このキーワードで検索するユーザーが、キーワードと一緒に検索する単語を瞬時に確認することができるので、必ずチェックして記事に盛り込みましょう。

POINT2 関連キーワード取得ツールを利用する

①関連キーワード取得ツールの検索バーに記事のキーワードを入れて検索する。
「関連キーワード取得ツール」https://www.related-keywords.com/
関連キーワードは「キーワードと一緒に検索されるもの」であるため、これを検索ニーズをとらえるヒントにしましょう。


②検索結果のうち赤枠内が関連キーワードとして重要な単語になります。この単語を意識してライティングしましょう。


➂検索キーワードの系統は大きく次の3つ。
DOクエリ:何かをしたい、何かを手に入れたいという検索ユーザーの「何かをする」という意図がクエリに含まれています。
Knowクエリ:何かを知りたい、疑問や悩みを解決するための情報を得たいという「知る」という意図がユーザーの心理に存在します。
GOクエリ:「このサイト、このページにアクセスしたい」というはっきりと定まった特定のサイトやページに「行く」意図がユーザーの頭にあります。
使うべき単語だけでなく、どのような観点で、商品を選択しているのかなどの気づきを得ることが大切です。それを記事に反映させることで、より検索ニーズを満たした記事作成をしましょう。

POINT3 Yahoo!知恵袋を利用する。

Yahoo!知恵袋は検索ユーザーの悩みを直に見ることができるので、検索結果などには現れていない、潜在的なニーズを知ることができます!
Yahoo!知恵袋は生の声が聞けるので積極的に活用してください!

検索ニーズを捉えつつ、オリジナリティのある記事を作成するために

オリジナリティがあり、ニーズを捉えた記事を作成するには…
①実際に検索して内容(≒ニーズ)を把握する
②関連語取得ツールで関連語(キーワードと一緒に検索されている単語)を取得する
➂Yahoo!の知恵袋を使うごとで、検索ユーザーがどんな悩みを抱えているのかを把握する
①、②で顕在化したニーズを、?で潜在的なニーズを把握できました。それらを記事に反映させることで、良質な記事を作成しましょう!

2)基本のアウトラインルールに従って記事作成をする

【基本構成】

<タイトル>記事タイトル①
 「まとめの説明」②
 <大見出し>○○の概要?
 <大見出し>○○の選び方④
  <中見だし>選び方のポイント
   <小見出し>ポイントの具体例
 <大見出し>○○の人気ランキング△選⑤
   <小見出し>商品紹介と購入ボタン
 <大見出し>まとめ⑥

基本的にほぼ全ての記事は上記の≪基本構成≫に従って記事作成をして頂きます。
記事作成は見出しを全て作りきってから、本文の作成をすることを強く推奨します。
次から具体例を使用しながら解説してきます。

①記事タイトル

「おすすめ」「人気」「ランキング」「〇選」というフレーズ全てを用いる


例1)「ラーメン 大阪」
・ラーメンおすすめ人気ランキング10選というフレーズを使う
・ユーザーは大阪のおししいラーメン屋を知りたい→行列できるぐらいのラーメン屋を知りたい
・「ラーメン 大阪」で検索するユーザーは大阪のラーメン屋の情報を求めている
>【行列ができる!】大阪のおいしいラーメン屋おすすめ人気ランキング10選


例2)「レディース シューズ」
・レディースシューズおすすめ人気ランキング10選というフレーズを使う
・このキーワードで検索するユーザーはおすすめのブランドを知りたい
・年代別におすすめを知りたがっている
>年代別レディースシューズのおすすめ【人気ランキング10選】
>【年代別】人気レディースシューズのおすすめブランドランキング10選


タイトルのポイント

・記事のキーワードは必ず記事タイトルに含みましょう。
・記事タイトルは30~40字程度に収めましょう。
・例のようにユーザーが知りたい情報を扱っていることが分かるようにタイトルをつけましょう。
・はじめや終わりに【】で囲った一言をわかりやすくつけましょう。

②タイトル下の「まとめ説明」について

タイトルの下にある「まとめ説明」は、記事全体の説明を書く欄です。
検索結果画面にも表示されることから非常に大切になります。
こちらを記入する際には以下の基本ルールを守るようにしましょう。
【基本ルール】
1)記事全体の概要を簡単に書く
2)記事のキーワードを2~3個使用する

➂○○の概要

○○の概要や特徴、魅力など、大枠を紹介する
取り上げる商品全般の概要や特徴、魅力などを紹介しましょう。
特に、関連キーワードに「○○とは」といったワードがある場合は、必ず概要についての説明をしましょう。
【基本ルール】
1)見出しの直後には画像を挿入する
2)100文字程度の段落を2~3個、200~400文字程度で説明をする。

④○○の選び方

POINT1 ○○を選ぶ時のポイントを、観点ごと(昨日、特徴etc…)に紹介する
記事全体のおいて非常に重要になるポイントの1つです。
≪基本ルール≫
1.大見出しは「○○の選び方」で統一し、その下に2行程度のコメントに入れる
2.「中見出し→一言→小見出し→画像→詳細説明」の順で説明する
3.1つの小見出しにつき200~400文字程度の文字数で説明する
4.「○○の選び方」を通して、2000文字以上の文字数で説明する

POINT2 具体的なブランド、メーカーがない場合
≪手順≫
1.「〇〇 選び方」で検索する
2.上位3記事の中で紹介されている選び方を列挙する
3.列強した選び方を再構成し、3~4つの軸に分ける
4.軸ごとに中見出しを作成し、小見出しで紹介する

⑤○○の人気ランキング△選

「王道」と「知る人ぞ知る」を絞り交ぜ、統一した形式で紹介する
記事全体において非常に重要になるポイントその2です。
どの商品を選び、どう紹介するかということが重要になります。

⑥まとめ

最後に記事全体の総括をする
記事の最後には、これまで執筆してきた記事の総括を書きましょう。
≪基本ルール≫
1.まとめの見出し名には「まとめ」と入力する
2.150文字程度(3行程度)で段落を分けずに簡潔に書く

ここまで書いてきた記事の総括としてふさわしい文章で締めくくりましょう。

本文作成時の注意点

3)ライティングの手法を意識して記事を作成する

・3行程度(1つの意味のまとまり)に1回段落分けする。
>文章が読みやすくなる。
 改行するだけでなく、1行空白を挟むことによって読みやすい文章を作成することができます。


・1文を長くし過ぎていないか。
>長すぎる文章は読みにくい文書になります。
 1つの段落に2センテンス以上は入るようにしましょう。


・誤字脱字や不適切な記号が使われていないか。
>!や?は全角を数字は半角を使う方が統一感が出ます。


・文章の語尾は統一された表現であるか。
>記事全体を通じて、「です・ます調」「である調」どちらを使用するかは統一しましょう。


・無断転載・引用はしない。
>記事を参考するのは構いませんが、コピペは著作権侵害になるため絶対に禁止です。


・同じ画像は使用しない
>同一の記事内で同一の画像の使用はやめましょう。


・1つの見出しにつき3段落程度に収めましょう。
>見た目が文章ばかりの記事は読まれにくくなります。

コンテンツマーケティングをお考えの際は
オーパスプランにご相談ください。

Contact

info@opus-plan.com