SEO(検索エンジン最適化)Webマーケティング

被リンクのSEO効果、良質な被リンクを増やす方法10選

被リンクのSEO効果、良質な被リンクを増やす方法10選

SEOにおいて評価を高めるためにはドメインパワーも重要ですが、被リンクの獲得も求められ、被リンク獲得は重要な施策の1つです。

Googleでは被リンクを獲得しているページをユーザーにとって有益なページと考えており、良質な被リンクを獲得することはサイトの評価、延いては検索順位の向上に影響をあたえます。

コンテンツSEOに取り組み、質の高いコンテンツを作成し続けることは、自社サイトの評価を高めたり、アクセス獲得にはつながりますが、良質な被リンク獲得に直接つながる施策ではありません。

被リンク獲得を効率的におこなうためには、積極的に発リンクしたくなるような仕組み作りをおこなうことがポイントです。

今回の記事では、そもそもSEOにおける被リンクの効果や必要性について、また被リンク獲得の具体的な方法についてご紹介していきます。

SEOのおける被リンクとは

被リンクとは、他社サイトで紹介された自社のWebページの遷移するリンクを指します。
SEOにおいては、「良質な被リンク」「質の低い被リンク」の2つに分類します。

良質な被リンク

良質な被リンクとは、主に以下のようなサイトからの被リンクを指します。

  • 有益なコンテンツを紹介するためのリンク
  • 関連性の高いサイトからのリンク
  • 著名なサイト

有益なコンテンツを紹介するためのリンクや関連性の高いサイトからの被リンクは、ナチュラルリンクなどと呼ばれたりします。

これらのような被リンクは、純粋にWebページのコンテンツが優れていることから貼られるため、Googleが最も評価するリンクだといえます。

それは「Googleが掲げる10の事実」でも「ウェブ上の民主主義は機能する。」と記載されているように、Webサイトのコンテンツが重要であるかどうかを決める客観的な指標です。

Googleは、自身の評価指標だけでサイトのコンテンツを評価するだけでなく、膨大なユーザーが設置したリンクも合わせて評価することで、よりユーザーニーズに沿ったコンテンツが、検索結果で表示されるようなアルゴリズムをとっています。

低品質な被リンク(スパムリンク)

一方で低品質なリンクとは具体的に以下のようなものを指します。

  • 関連性の低いサイトからの被リンク
  • 他サイトのコピーと思われる記事からの被リンク
  • SEOを意識してキーワードだけを盛り込んだような記事の被リンク
  • 過度な相互リンク

Googleのリンクプログラムでは、これらのような被リンクは検索結果でのサイトのランキングを操作する目的があるとし、「ガイドラインへの違反」として認識する場合があると記載されています。

低品質な被リンクを多く持つサイトは、ガイドラインに違反したWebサイトと認識され、検索エンジンでの順位下落や最悪の場合インデックス削除などのペナルティを受ける可能性があるので注意が必要です。

SEOにおける被リンクの効果

SEOにおける被リンクの効果には主に以下の3つがあります。

  • ドメインパワーの向上
  • クローラビリティの向上
  • トラフィックの流入元として機能する
  • 被リンクを獲得したページが上位表示されやすい

被リンクを獲得したページは、Googleの検索エンジンによって「他サイトからの投票を受けたサイト」と解釈されます。
「Googleが掲げる10の事実」には、以下のように記載されています。
4. ウェブ上の民主主義は機能する。
Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。

そして、リンクを発しているWebサイトとの関連性やWebサイトの専門性、権威性によって被リンクの質が決まるのです。

そのため、自社にとって良質な被リンクを獲得できれば、検索エンジンからのSEO評価向上や、ドメインパワーの向上によって検索結果における上位化を期待することができます。

また、検索エンジンのクローラーはリンクを辿ってページをインデックスするため、被リンクが増えることでクローラビリティの向上や、被リンクが流入元となりアクセスの向上も見込むことができます。

被リンクを増やす方法

良質な被リンクを獲得するためには「良質なコンテンツを発信し続けること」に尽きますが、多くの被リンクを獲得するのに長い時間が必要となります。

そのため、被リンクを獲得する施策としては、「自分で獲得していく方法」と「自然と獲得していく方法」の2つの視点で取り組む必要があります。

SEOにおいて重要な被リンク獲得は、以下の9つの方法で実践することが可能です。

自分で良質な被リンクを増やす5つの方法

  • ぺライチなどの無料ホームページ作成サービスの活用
  • はてなブックマークなどの無料ブログサービスの活用
  • NewsPicks(ニューズピックス)の活用
  • HTML名刺の活用
  • ピンタレストなどのSNSの活用

自然な被リンクを増やす4つの方法

質の高いコンテンツの作成

  • 読者が求めている、悩みを解決する記事を書く
  • 網羅性の高い記事を書く
  • 体験談や経験談などオリジナリティのある記事を書く

ウェブ上での露出を増やす

  • SNSを活用する
  • 広告を出稿する

読者や関係者にシェアを促す

  • サイトにシェアボタンを設置する
  • リンク切れページのリプレイスを狙う
  • 自社クライアントの事例紹介記事を作成する

協力関係を築く

  • 相互補完を目的としたパートナーシップを組む

被リンク獲得時の注意点

被リンクは適切に設置される必要があります。なぜなら、不正なリンク構築が検索順位を変動させる可能性があるためです。
被リンク獲得するにあたり、以下の行為は行ってはいけません。

  • 被リンクを購入する
  • SEOを狙った相互リンクをおこなう
  • 関連性の低いサイトから被リンクをもらう
  • 同一アンカーテキストからの被リンク
  • 可読性を下げる隠しリンクの設置
  • 被リンクがフッターに埋められている
  • コピーコンテンツなどの低品質サイトから被リンクをもらう

ペンギンアップデート(不正なリンクを操作しているサイトに対するアップデート)

2016年のペンギンアップデート以降は、不正なリンク構築による検索順位操作が減りました。しかしGoogleは現在でもリンクプログラム内で違反について言及しています。

また、意図しない形で質の低い被リンクを獲得してしまった場合は、「削除」または「否認操作」を実施することで、検索エンジンからのペナルティを回避できる可能性があります。

まとめ

SEOにおいて被リンク獲得は重要な施策です。被リンク獲得のために色々な施策をおこなうことは、自社サイトのSEO評価を向上させるメリットがありますが、ガイドライン違反による被リンクの獲得は行ってはいけません。
地道になりますが良質な被リンクを獲得できるよう取り組んでいきましょう。